ブログ運営者情報

運営者情報etc

悩んで迷う様子
自由ちゃん
初めまして、自由ちゃんと申します。変な名前ですみません。

2020年の2月に、新卒で入社した会社を辞めました。

現状を変えることに、正直とても勇気がいりました。

辞めて数ヶ月経った今、会社を辞めて本当に良かったと思っています。

簡単プロフィール
  • 年齢:昭和世代のオトナ女子。
  • 住まい:生まれも育ちも関西民

『他府県』という発言から、関西人がバレる(関東在住の友人に指摘されて気づいた)

  • 仕事を辞めてわかったこと:自由な時間っていいなあ
  • コロナの自粛で変わったこと:早寝早起きになった、毎朝そうじするようになった、謎の筋トレを始めた、ひきこもりの生活が好きかも知れないと思った。

自粛の1ヶ月半は、近所のスーパーくらいしか出かけなくなり、食材と日用品以外の買い物はほぼしなくなりました。

自由ちゃん
固定費を下げることの大切さを知りました。無職ですし・・・。

仕事を辞めた理由

仕事辞めたすぎ
辞めた理由:嫌で嫌で仕方なかったから。

シンプルな理由です。かなり嫌でした。

嫌だったこと
  • 職場の環境(出勤時間が早く拘束時間が長かった▶︎おまけに寒い職場だった)
  • 仕事内容(単調で退屈な業務内容▶︎人間、暇すぎると無気力になる)
  • 会社の人間(同僚は仲良かったけど、上司と社長が嫌いだった)

いろいろな部署で業務をしましたが、辞める直近の部署はかなり暇な部署でした。

暇は疲労が増すのです。

暇な割りに、拘束時間が長く、疲れて帰宅する日々でした。

こんなに嫌なことが揃っているにも関わらず、優柔不断で物事を後回しにする性格なので、人生の大切な時間をかなりロスすることに。

良くも悪くも“順応型”なので、嫌なことでもとりあえずやってみようと思ってしまうことが、大失敗の原因だったと今になって思います。

学び:決断は早いに越したことない。

勤続年数が長かった分、オワリは後腐れなく未練はなかったのが幸いでした。

付き合いが長かったカップルほど、アッサリ別れた、みたいな感じです。

今後の課題:過ぎた時間は取り戻せないので、これからどう生きていくか?

退職後のことはひたすらノープランだった

現状打破、飛び出してみる

転活しないまま辞めました。このご時世に無謀かと思ったのですが。

仕事なんてすぐに見つかるわ!という自信ではなく(むしろ逆で)とりあえず辞めて、気持ちや毎日のしみついた習慣をリセットしたかった。

とりあえず更地にして、いろいろ再構築したかったのです。

人生は思い通りにいかないことだらけ、だからおもしろい

離職後は、予想外なことがいきなり起きました。

コロナ禍です。

今もなお、コロナは終息していませんし、第二波が来るかも知れませんが、コロナのお陰で(?)自分と向き合う時間が増えたような気がします。

現在は無職です。

電気工事士を目指す

2020年4月から、職業訓練校に通っています。

電気設備です。

自分の意思とは裏腹に、電気工事士を目指すことに(?)なっています。

今までと全く畑違いなことを学ぶことになったのですが、将来のことは今からゆっくり考えたいと思います。

最後に

なるようになる

仕事を辞めたいけど辞める決断ができない人や、どうしようか迷っている人の参考になればいいなと思っています。

わたしの場合ですが、“もっと早く辞めれば良かった”と心底思いました。

今となっては、いったい何に迷って嫌々続けていたのか謎ですが、先が見えないことは不安だし、明確な何かがないと、人間は行動できないものだなあ、と身をもって感じました。

先のことはわからないけど、迷ったら楽しい方へ進みたいと思います。

行動したからこそ見えてくる景色がある、

なるようになるのです。