ダイビングは雨でもできる?ベストシーズンと天気の影響IN沖縄!




ダイビングのベストシーズン

ダイビングといえば、夏にするもの、というイメージがあります。

更に、ダイビングが盛んな地域といえば、やはり沖縄ではないでしょうか(ゴリ押し)

そして、夏以外の季節は、ダイビングはできないのでしょうか。

ダイビングの天気の影響

勿論、晴れに越したことはありませんが、天気が悪い日はどうなのでしょうか。

明らかに雨の日

 

ダイビングを予約した時点では、当日の天気はおおよそでしかわかりません。

もし、当日雨が降っても、落ち込まないでください。

海に入ると、どうせ濡れます、気にせず潜りましょう。

傘をさして、観光地を巡るより、よっぽど良いと思いませんか?

そして、ダイビングは、多少の雨では中止になりません。

雨の日に潜ると、海の中から水面を見上げたとき、雨が降っている様子が見えて面白いのです。

雨よりも、台風のような強い風や、波浪警報が出ていると、風向きによって波が高くなる場合があるため、その時は中止になることがあります。

夏以外の季節

冬の終わり(だんだん暖かくなる時期)と、冬の始まり(だんだん寒くなる時期)と、どちらが暖かいか(寒くないか)、考えたことはありますか?

例えば、4月と11月では、どちらが暖かいか(寒くないか)、です。

4月(中旬)の沖縄・曇りのち雨

旅行雑誌に必ずといっていいほど載っている、青の洞窟へ初めて行きました。

この時期、人は少なかったです。

この日、天気は下り坂で今にも雨が降り出しそうでした。

そして、雨よりも、波が高いという理由で、青の洞窟へ行くことができませんでした。

中止の場合は、集合時間の2、3時間前に、ダイビングショップから連絡があります。(何も連絡がない場合は、開催です。)

波が穏やかな近くのビーチでダイビングをするか、キャンセルか、選ぶことができます。

この場合は、キャンセルしてもキャンセル料は要りません。

最寄りのビーチでダイビングをする場合は、料金はそのままで開催します。

せっかくなので、近くのビーチでダイビングをすることにしました。

天気があまり良くなかったので、少し肌寒かったです。

太陽があるのと無いのとでは、体感温度が違いますね。

サンゴを見たり、魚に餌付け(餌は麩です)をしました。(鹿せんべいに鹿がワラワラと寄ってくるような感じで、物凄く寄ってきます・・・ちょっと怖いです。)

青の洞窟に行けなくても、楽しむことができました。

6月(初旬)の沖縄・晴れ

晴れた昼間に洞窟から見える海の水平線の景色

日本列島は丁度梅雨の時期です。沖縄はそろそろ梅雨明けするかな?どうかな?という時期です。

この時期も、まだ人は少なかったです。

梅雨明けする前でも、梅雨の中休みという言葉通り、たまたま晴れることがあります。

そして、この時期は、飛行機も宿泊施設も比較的安いです。(沖縄は梅雨明け以降、価格が跳ね上がります。)

この日も、前回中止になった青の洞窟へ行きました。

洞窟というだけあって、薄暗いトンネルをくぐり抜ける感じが新鮮でした。

そして、海は、とても濃い青でした。(神秘的)

ただ、ダイビング器材を装着し、歩いてビーチに向かうことが大変でした。(少し距離があったのと、器材が物凄く重い!)

インストラクターから、『真夏は、ここに長蛇の列ができますよ〜』ということを聞き、気が遠くなりました。

 

真夏の炎天下に、これを背負ったまま数十分も待つのか!?それは、かなり過酷です。

ですが、このような重い重い器材を装着したまま、ビーチに向かわなければならない理由があるのです。

それは、ビーチ手前に、器材を装着するスペースが無いことと、その辺りは岩場なので、とても滑りやすく、そこで器材を装着することが危険だからです。

更に、人が多い場合、海に入る手前でモタモタしていると、余計混雑してしまうからだそうです。

人気スポットには、こういう事情があるのですね、知らなかったです。

今回はたまたますいてる時に行くことができたので、それはとてもラッキーだったけど、真夏に行くのは、ちょっと避けたいかも知れませんね。

11月(中旬)の沖縄・曇り

この時期も、沖縄では、通常通りダイビングをすることができます。

いうまでもなく、人は少なかったです。

この日も、ビーチから海に入ったのですが、気温が低く(肌寒い)、海水が生暖かく感じたので、海から出ると、寒さに震えました。

11月の沖縄の海は、水中から出るときが寒い!、ということです。

夏が終わるとインストラクターは何をしているのか

寒い時期もダイビングは、やっています。(人は少ないですが)

結局のところ、一年中やっているのです。

そして、インストラクターは、冬の期間は田舎に帰省したり、海外に潜りに行ったりするそうです。

意外なことに、沖縄のダイビングショップで働いているインストラクターは、沖縄以外の出身者が多いです。

ダイビングのベストシーズンと天気の影響まとめ

過去を振り返ってみると、晴れた日より、曇りや雨の日が多かったような気がします(雨女)

ですが、ダイビングは雨の日も充分楽しめます。

晴れた日と雨の日の違いは、若干水温が下がり、水の透視度が悪くなるくらいで、ダイビングをすること自体、大した影響はありません。

ベストシーズンを敢えて外すメリット

・人が少なく、ビーチがすいている(ベストシーズンだと、場所によってはビーチに長蛇の列ができ、水中は魚の数より人が多くなるそうです。)

・更衣室が貸切状態で、ゆっくり着替えられる。

・パウダールームもすいているので、ゆっくり身支度ができる。

季節や天気でみるベストシーズンと、自分自身のベストシーズンは、多少異なるかもしれませんね。