ダイビング当日に飛行機に乗ってはいけない理由は?飛行機搭乗までの時間と減圧症のリスク。




どこのダイビングショップで予約をする場合でも、注意書きとして、必ず明記されていることがあります。

また、ダイビング当日も、インストラクターから必ず言われることがあります。

ダイビング当日は、飛行機に乗ることができません。

それは、なぜなのでしょうか。

ダイビング後の飛行機搭乗ガイドライン

ダイビング後から飛行機搭乗まで何時間あけるのか、ダイビングショップで教えてくれます。

・前のダイビングから6時間以上経過した後の1回だけのダイビングの場合は、12時間以上あける。

・複数回潜る時の2本目以降のダイビングや、数日間続けて毎日ダイビングをする場合は、18時間以上あける。

ですが、色々な見解があって、上記の時間をあけていても減圧症を発症する場合があるので、ダイビングから搭乗するまでの時間は、あければあけるほど安心かも知れませんね。

私はいつも帰りの便は最終便にしているので24時間以上あけて飛行機に搭乗しています。

詳しい理由を知らないまま、とにかくダイビングの後は、飛行機に乗るまでの時間をあけないといけないんだな、という程度の認識だったのですが、ダイビング直後に飛行機に乗ってはいけないのには、ちゃんとした理由あります。

それは、高所に行くと気圧が下がり、減圧症になる危険が増すからです。ここでいう高所とは、飛行機だけではなく、登山や車で山道を走って山越えをすることなども含みます。

ダイビングの直後に登山をする人っているのかな?でも、車で山越えすることはあるかも知れませんね。

そもそも、減圧症とはどういうものなのでしょうか。

窒素の吸収と影響

ダイビングは、水中で呼吸するためにタンク(初心者だった私は酸素ボンベと呼んでいましたが、正しくは、タンク、又はシリンダーといいます。)を使用します。

ダイビングで使うタンク

タンク内の主な成分

窒素79%酸素21%です。(その他の気体が占める割合は1%以下なのでダイビングに関してはこれらを無視しているようです)

あれ?タンクの中身って全部酸素じゃないの??と思いました、窒素が8割とは!知りませんでした。

全て酸素ではない理由は、酸素は高圧下で有毒になるためです。(酸素中毒)

酸素中毒とは

気体に酸素が含まれている場合、ある特定の深度より深いところでそれを使用すると、酸素中毒が生じる(有毒になるため)危険があります。

そのため、酸素の割合が高ければ、ダイビングでそれを使える深度限界が浅くなります。

つまり、ある一定の深さ以上、深く潜れないという事です。深度が増すと高圧になってしまうので、ということなんですね。その為、酸素の含有率が少ないのです。

減圧症のメカニズム

 

ダイビング中、圧力が増すと、呼吸する空気に含まれる窒素が吸収され、身体の細胞に溶け込みます。

圧力大きい深度深い)と、窒素が身体の細胞に溶け込むスピードが速くなり、水中に長くいればいるほど、窒素が身体の細胞に溶け込む時間が長くなり、体内に溜まっていくのです。

体内に溜まった窒素は、血流に乗って肺へ運ばれ、吐く息と共に体外へ排出され、自然と体外に出て行きます。

体内に蓄積された窒素が多いと、体外へ排出するより、体内へ吸収される速度が速くなり、血液や細胞に窒素の気泡が形成されます。この、気泡が形成されることを減圧症といいます。

但し、どれだけ体内に窒素が蓄積されているか、排出するためにかかる時間は、潜水本数、潜水時間、潜水深度によって違います。

ケースバイケースなので、判断が難しいですよね。

そのため、潜水時間と潜水深度は、ダイブコンピューター(潜水時間と潜水深度に基づいて、予め体内の窒素量を計算する優秀な器材です)を使います。

減圧症を防ぐためには、体内の窒素量を許容限度内に抑え、体内の窒素が全て排出されるまで待つ必要があります。

そういえば、船便でダイビングポイントに向かうとき、だいたい午前8時頃に出航し午後3時には帰港するのですが、帰港に約1時間かかるとしても、まだまだ暗くなるような時間帯ではありません。

もっとダイビングポイントに滞在していれば、更に数本潜れそうですが、それをしないのは潜るたび体内に窒素が溜まっていくからだったのですね。

だって『わたし、今日10本潜ったよ!』など、そんな話は聞いたことがありません。

1日に潜れる本数はある程度決まっていて、好きなだけ潜れるというわけではないのですね。

減圧症の兆候と症状

減圧症の兆候・症状は、気泡ができた場所により異なります。

例えば、呼吸困難や長引く疲労感、関節が痛くなったり、めまいがしたり、重度の場合は、意識不明や死に至ることもある恐ろしい病です。

決して減圧症を軽視せず、減圧症について正しく理解し、予防しないといけませんね。

減圧症の二次的要素

潜水時間と潜水深度以外に、窒素の吸収と排出の邪魔をする可能性があるものは、疲れや、脱水症状、体調不良、ダイビング前後のハードな運動などです。

ハードな運動?に当てはまるかどうかわかりませんが、ダイビング直後、カヤックをしたことがあります。

水面にゆったり浮かんでサンセットを眺める・・・そんなひとときは、なんともいえない癒しの時間なのですが、漕ぐ動作は、結構体力消耗し、疲れました。

ダイビングの後は、マッタリと余韻に浸りながら休息することをお勧めします。

そういえば、ダイビングを終えた帰りの船では、みなさん爆睡しています。

やはり水の中でのダイビングは、想像以上に体力を消耗しているのかも知れませんね。

程良い疲れに、心地良い船の揺れと、爽やかな海風が眠気を誘います。(日焼け注意です)

ダイビング直後は飛行機に乗れない理由まとめ

ダイビングをする人にとって減圧症はとても身近な病気です。

誰でも減圧症になるリスクがあるので、そうならないためにも、減圧症について正しく理解し、予防することが大切です。

もし、体調が優れない場合は無理をせず休むこと、ダイビング中に異変を感じたら、すぐインストラクターに伝え、ダイビングを中止しましょう。

体調管理に気をつけて、安全にダイビングを楽しむことが何より大切なことですね。