三阪咲は現役JKで歌がうますぎる?3つの史上初とは?高校サッカー応援歌抜擢へ

ギターを持つ女性シンガー




三阪咲は現役女子高生で歌がうますぎる?3つの史上初とは?全国高校サッカー応援歌抜擢へ。第98回全国高校サッカー選手権大会(2019年12月30日開幕〜2020年1月13日埼玉スタジアム2002で決勝戦が行われる。)の応援歌『繋げ!』を歌うことが決まった三阪咲(みさかさき)さん。デビュー前の現役高校生ということで話題になっています。

三阪咲さんはどんな歌声なのでしょうか。歌がうますぎる?通ってる高校や所属事務所はどこ?プロフィールなどを調べてみました。

現役女子高生の三阪咲(みさか さき)プロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三阪咲さん(@misaka_saki)がシェアした投稿

 
制服姿も可愛いですね。
 
プロフィール

名前 三阪咲(みさか さき)
 
生年月日 2003年4月23日
 
身長 170cm
 
高校 堺リベラル高等学校
 
出身地 大阪府
 
幼少の頃からダンスやピアノ、ギターを習っていた。路上ライブを始めたのは小6の頃。
 
小6から路上ライブをするなんて、子供の頃から歌が上手かったんですね!
 
梅田のグランフロントのうめきた広場で路上ライブしていたとか。すごい〜
 
 
 
三阪咲のすごいところ
TikTokの関連動画再生数5億回突破

ツイッターフォロワー約14万人

インスタグラムフォロワー約16万人

8月オリジナル曲『今だけは好きなものを好きでいたい』一週間で約50万回再生突破

10月新曲『Say GoodNight』二日で約10万回再生(現在も再生回数が伸び続けている)

 
 
動画、ミュージックPVの再生回数とSNSのフォロワー数がものすごい数!とてもデビュー前と思えない。
 
2019年1月に、テレビ出演(音楽チャンプ〜歌うま日本一決定戦〜で、準優勝)をきっかけに注目を集め、こんなに反響がありました。
 
テレビの影響もすごいけど、それだけ三阪咲さんの歌がうますぎたということなんでしょうね。惜しくも優勝は逃しましたが、実力は相当なもの。
 
そして今は、人が集まりすぎてしまうという理由で、地元での路上ライブができないそうです。それはちょっと残念〜!

三阪咲(みさか さき)歌がうまい?応援歌は『繋げ!』

三阪さんは、歌が上手いですね!声もとてもキレイ。

YUIに似てるかな?と思いました。

現在は学業優先ということで、事務所には所属せずデビューもまだなんだそう。

本格的に音楽活動が始まると、さらに人気が出そうですよね。将来がとても楽しみなシンガーです。

全国高校サッカー応援歌を歌う三阪咲(みさか さき)の3つの史上初とは?

  1. CDデビュー前の現役高校生、過去最年少の16歳で抜擢
  2. 応援歌『繋げ!』と『みんなのアンセム』の2曲を手がける
  3. 地区大会決勝で『キックオフライブ』を開催決定!

 

キックオフライブの日程
2019年
11月3日 宮城大会 ユアテックスタジアム仙台

11月4日 鹿児島大会 白波スタジアム

11月16日 大阪大会 長居スタジアム

11月30日 神奈川大会 ニッパツ三ツ沢球技場

選手にエールを送る!三阪咲さんの生歌が聴くことができるのでとても貴重ですね!

全国高校サッカー応援歌を歌う三阪咲(みさか さき)まとめ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三阪咲さん(@misaka_saki)がシェアした投稿

現役の女子高生シンガー、16歳という若さで、とても堂々としています。

全国高校サッカーの応援歌を歌うことは、選手と同年代の高校生ということもあり共感が得らそう。

選手たちもきっと三阪さんの歌に後押しされること間違いなしですね。

応援歌も、三阪咲さんの作詞ということで、楽曲作りも手がける才能豊な現役高校生!

今後の活躍がとても楽しみです!