【所さんお届けモノ】ぶどうみたいに甘い寅ちゃんねぎはどこで買える?通販は?

みずみずしい美味しそうなネギ




【所さんお届けモノ】ぶどうみたいに甘い寅ちゃんねぎはどこで買える?通販は?フルーツ級に甘く、幻のネギと言われているネギを作っている会社が、山形県天童市にあります。糖度が22度もあり、なんとぶどうのように甘いネギだそうです。ネギとぶどうが同じ甘さなんて、想像がつきません。

そして、フルーツのように甘い寅ちゃんねぎの中でも、約1万5000本に1本しか収穫できない幻の『真のネギ』というのがあるそうです。

そんな寅ちゃんねぎについて調べてみました。

寅ちゃんねぎの生産者は?

単なるネギ農家とあなどることなかれ。ネギを創ることに人生をかけた、ねぎびとカンパニー株式会社

寅ちゃんねぎは、代表取締役の清水寅(しみず つよし)さんの名前にちなんだものだそうです。

清水さんは自身のことを初代葱師とし、ネギ創りに情熱を注いでいます。目指すは世界一。

寅ちゃんねぎを手に入れる方法は?

寅ちゃんねぎには種類があります。

  1. 寅ちゃんねぎ 10本入り 3,000円(税別)、送料一律500円
  2. 真の葱 8〜10本入り 10,000円(税別)、送料込み
  3. モナリザ(限定商品) 1本入り 10,000円(税別)

各種オンラインショップで注文購入(予約販売)できます!→ねぎびとカンパニーオンラインショップ

モナリザさん、ネギが1本1万円!?衝撃です。。。食べるの緊張するわ!いや、寅ちゃんねぎの3,000円でもすごいけど。これはフツーの葱とはワケが違います。

通販では、寅ちゃんねぎを使った餃子もあり、美味しそう!!

寅ちゃんショートねぎ取扱店
関東エリア:いなげや全店

中京エリア:アピタ全店

寅ちゃんねぎの取扱店は毎年違うようですね。取扱店のご近所にお住いの方が羨ましい〜。

関西民は、通販で購入や!

寅ちゃんねぎの美味しい食べ方

ちょうどこれからの季節は鍋にぴったりですね。贅沢なお鍋です!ネギは切らずにそのまんま、斬新な食べ方がめちゃくちゃ美味しそうですね〜。
 

ネギの原産地は中国で、殺菌作用が強いことから“気”と呼ばれていたそうです。中国から日本に入ってきた時に、白ネギと青ネギに分かれたそうです。地域の差が文化となり、白ネギは関東、青ネギは関西へ。

根っこを食べるから『根気(ねき)』そして『』へと変化したとのこと。葱の歴史。

寅ちゃんねぎの口コミ評判は

寅ちゃんねぎまとめ

普段食べているネギとは全く別物だと思った方が良さそうですね。ぶどうのように甘いねぎってどんな味なんでしょうか。食べてみたくなりました。
一度食べたら病みつきになるという寅ちゃんねぎ。オンラインショップで買えるので便利ですね。
 
真のネギも期間限定のモナリザも気になりますが(ネーミングが良い)、強気な値段に少々驚きましたが、絶対美味しいに違いない・・・。
 
ネギが苦手な人でも大丈夫ということなので、是非食べてみたい!そして贈答品にも良さそうですね。