上白石萌歌激太り?大河初出演の役作りの為にしたことと起用の理由。

体重増加、ダイエット




上白石萌歌激太り?大河初出演の役作りの為にしたことと起用の理由。上白石萌歌さんが大河に初出演することになりました。

「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(毎週日曜 20時〜)

上白石萌歌さんの役柄は、日本女性初の金メダリストである、競泳の前畑秀子役に決まりました。

前畑秀子とは

前畑 秀子(まえはた ひでこ)

和歌山県橋本市出身の水泳選手。

1914年(大正3年)5月20日〜1995年(平成7年)2月24日

獲得メダル

【銀】1932年ロサンゼルス オリンピック 女子200m平泳ぎ

【金】1936年ベルリン オリンピック 女子200m平泳ぎ

いだてん出演のためした役作りとは?

撮影に入る3ヶ月前からトレーニング開始。

増量

食べるのはもちろんのこと、筋トレや、夜中に高カロリーな食事を摂って増量。

撮影が長期間長時間水の中での撮影だったため、ただの増量だけでなく筋肉をつけるため。

役作りとはいえ、7kg増は、体当たりの役作りですね。

上白石萌歌さん自身は、

いっぱい食べられて楽しかったです。姉の上白石萌音は「最近机の上に散らばっているお菓子の袋の量が違う」と言っていました。

と、満面の笑みで役作りを振り返っていた。

短期的に増量しても、すぐ元に戻るんでしょうね、若いので代謝も良さそうなので羨ましいです!

増量のポイントは、夜中のナポリタンとお菓子。

日サロ通い

より前畑秀子に近づけ、役への説得力を出すために。

上白石姉妹の、どっち?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

上白石 萌歌さん(@moka____k)がシェアした投稿

上白石という名前が珍しいので記憶に残るのですが、姉妹のどっちだ?と思ってしまいます。

名前も似てますからね。

姉・萌音(モネ)152cm、妹・萌歌(モカ)162cm

二人が並ぶと、身長差がすごい。

そして、妹・萌歌ちゃんの方が背が高いのです、10センチも!

年の差は、2歳差です。

上白石萌歌がいだてん前畑秀子役に選ばれた理由は?

登場時が14歳の設定であることから、まずは「少女というイメージがほしかった。和歌山の川で泳いでいたという、おおらかで今っぽくない人がいいなと。いい意味で昭和感、透明感」と説明。

さらに、「少女が大器に化けていくスケール感がある」「泳げる」ことが前提とし「条件をクリアできる人はただ一人だった」とした。

制作統括の訓覇圭氏より。

確かに、少女っぽさと、どことなく垢抜けていないところがしっくりきますね。

たくさんいる女優の中で、役のイメージにぴったりの女優を見つけてくる制作側もすごいです。

上白石萌歌大河初出演まとめ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

上白石 萌歌さん(@moka____k)がシェアした投稿

今までは、萌音ちゃん萌歌ちゃん、どっちがどっちかごっちゃになってましたが、

これを機に、はっきりわかるようになりました。

いだてんは妹・萌歌ちゃんです!

7kg増量後も、こっちの方が良いね、と評判。

上白石萌歌の役作りと併せて、いだてん後半が楽しみです。