私は会社辞めたい病、何もかもが嫌になった3つの理由。

OL




OLしながら好きなこと、と言いながら、

好きなこともままならず、中途半端な毎日を送っています。

私は食品会社に勤務しています。

私、入社して10数年以上、仕事を辞めたいと思ったことがありませんでし

ところが、最近は会社自体に、なんの魅力も価値も希望も感じていません。

会社にとっても、私の存在は同じかと。

私が会社になんの魅力も価値も希望も感じなくなったのは、2年前の異動がきっかけでした。

つまり、この異動が無ければ気づけなかったこと。

これは、異動(転機)に感謝するべきなのかも。物事はポジティブに受け止めようか。

ただ、この気づきをうまく(?)活かすのは、もう少し先の話です。

 

最近、毎日思うこと、会社辞めたら、どうなるんだろうということ。

あなたは、仕事を辞めたいと思ったことはありますか?

 

仕事を辞めたい理由

①仕事が暇

あくびをする猫

仕事がすぎる。

よく、激務OLをSNSで見かけます。

帰りは終電ギリギリ、深夜に帰宅、ソファーで仮眠、翌朝そのまま出勤。

月間の残業時間が100h超えてるとか。

ドラマの世界、所轄の労基は怠慢か忖度か。

そんな都会の大企業とは比べ物にならない、仕事内容も環境も真逆、田舎の底辺企業に私は居ます。

誰のせいでもない、この会社を選んだのは、私だ。

仕事が暇だと聞くと、いいやん、ラクで、と言われそうですが。

知ってます?暇って結構疲れるのです。

何もしないことって、何かするより疲れるのです。

一日の主な仕事

午前

  • 業者への発注入力
  • 製造への確定集計
  • データ入力と掲示
  • 書類の整理と片付け

 

午後

  • 書類の不備チェック
  • 押印

 

毎日のルーティン業務は、秒で終わります。

3ヶ月に一度、評価面談があり、上司は毎回こう言います。

『業務、忙しくない?大丈夫?』

こういうトンチンカンな上司も、疲れる要因です。

②寒い

寒さ

私の部署は、寒いのです。

夏でも寒い。

極暖2枚、インナーダウン、タイツ、足の裏に貼るカイロ。

私は人より寒がりなのかもしれませんが、完全防備をしておかないと冷えMAXです。

辞めたい1番の理由は寒さ。ほんま無理です。

真夏は、内と外の気温差が辛いのです。

③人事は社長の好き嫌いで決まる

人間なんで、好き嫌いは仕方がない。

私も好き嫌いが激しい方です。

でも、社長の場合あからさま。

そういう意味では、非常にわかりやすい人事です。

組織って、うまいことなってる。

こういう理不尽な組織には、相応の人材が集まる。

会社は辞めたもん勝ち

つい先日、友人(♂)が会社を辞めました。

私がモタモタしてる間に、先を越されたというわけです。

友人の役職は部長で、年収は700万(初めて聞いた)

転職先の会社は、給与が今より下がるとのこと。

お金じゃない・・・は語弊があるかも、でもお金だけじゃないんだ。

もうストレスで気が狂いそうだったと。

壊れる前でよかった。

ただ、なぜ私より先に辞めたのか、、、、それだけが解せない

退職を決めた当時、友人は結婚を控えていました。

よくまあそのタイミングで転職決めたな、と思ったけど、理解ある奥さんで良かったね。

そして退職して3ヶ月後、予定通り結婚しました。

結局のところ、辞めるときはいかなる状況であっても辞められるもんだな、と思いました。

まとめ

思考停止のマネキン

一日24hのうち、8hという貴重な時間を無駄にしてる毎日。

慣れって恐ろしい。慣れというより、麻痺だな。

なんとかしないと、と焦る気持ちをよそに、4月になってしまった。はえ〜

そういえば、前期は業績が悪かったらしく年度末の決算賞与がなかった。

現状を俯瞰で見たところ、恐らく私は社内失業中なんだと思います。

私は、ただのパラサイトと化してしまった。

 

改めて、会社辞めたい。