ダイビングのCカード取得講習を受ける前に知っておきたいこと!ライセンス取得情報あれこれ




一度もダイビングの経験が無い場合は、Cカードを取ろうとは思わないかもしれませんが、もし、何回かダイビングの経験があると、Cカードを取りに行ってみようかな?と思うのではないでしょうか。

Cカードを取得するときに心配なこと

への字口のプラカードを持つ人

まず、わたしが心配だったことは、運動が苦手で、泳ぐことも得意ではないので、こんなわたしでもCカードを取ることができるのかな?でした。

Cカード取得は難しいのか

もし、『簡単に取れた?それとも難しかった?』と聞かれたら、なんと答えるだろう。

決して簡単だったワケもなく、難しかった!という一言では言葉が足りない・・・。難しかったというより、『物凄くハードだったけど、なんとかクリアできたよ!』という感じですかね・・・。

決して、ラクではありませんでした!(あくまでもわたしの意見ですが)

わたしがCカード講習を受けたときは、ダイビングの知識など全く無く、数回体験ダイビングをしたことがある・・・、そんな状態でした。

そして、身近にダイバーもいなかったため、ライセンスはおろか、ダイビングに関するリアルな情報がゼロでした。

ですが、心配はいりません!

Cカードを取得するということは、ダイビングの経験が浅い初心者が大半で、ライセンス取得講習を設けているダイビングショップでは、そのような初心者の扱いにとても慣れているので、安心して講習を受けることができます。

指導団体の種類

 

世の中には、いくつかの指導団体が存在します。

そのダイビングショップは、どこの指導団体なのか

まず、講習を受けるダイビングショップがどこの指導団体に加盟しているのか確認します。

わたしの場合は、指導団体は迷わずPADIを選びました。

PADIを選んだ理由は、世界最大のスキューバ・ダイビング教育機関(世界的に信用のある団体)ということと、PADIの加盟店も多く、取得したライセンスが海外でも通用するからです。(PADI以外でも海外で通用する指導団体はあります。)

稀に、どこの指導団体にも属さないダイビングショップがあり、勝手に発行しているカードがあるので気をつけましょう。事前に指導団体をどこにするか決めておくことも大切ですね。

なんのためにCカードを取得するのか

勿論、ダイバーになるためですよ!

そして、Cカードを取得するには、必要最低限の知識と技術の指導基準をクリアするため、一定の講習を受けます。(指導団体はいくつかありますが、指導基準は、ほとんど差はありません。)

Cカードを提示すれば、『あなたは、必要最低限のトレーニングを受けたんですね〜』という証明になるのです。

ダイバーになって、世界の海を自由に潜ってみたいですね!

Cカード取得講習を受けてみてわかったこと

・実技講習は想像以上にハードでした。(項目がたくさんあり、頭で理解して、実践することに苦戦しました。)

・事前学習が結構重要。(講習を申し込むと、自宅にテキストが届きます。ダイビングの専門用語、器材の名前や使い方など、一度サラッと読むだけで簡単に理解できるような内容と量ではありませんでした。)

・筆記試験がある。(選択問題ですが、理解しているからこそ答えられる内容です。)

・一日中、海に入るので髪の毛がバサバサになる。(講習内容に関係ない番外編。勿論、メイクもキレイに取れます。)

結果、いろいろ大変な思いをしたけど、取ってよかった!と絶対に思えるはずです!

私がそうでした。講習途中は、どうなることかと思いましたが良い経験だったな、と思います。

Cカード取得講習を受ける前に知っておきたいことまとめ

Cカード取得講習は、誰でも、一人でも受けることができます。

決して簡単ではありませんでしたが、真剣に取り組めば、誰でも取得できると思います。

自分の誕生日に記念に取りに行く方もいます。(良い思い出になりますね〜)

Cカードを取ってダイバーとしてデビューすると、潜れる深さや場所の自由度が増します。

そして、潜れば潜るほど、もっと上達したいなあ、というが出てきます。

ダイビングを本当の意味で楽しめるのは、Cカードを取ってからかも?知れませんね。