初心者ダイバーの悩み・・・苦手な浮力コントロールがうまくできるようになるには?




浮力を自由自在に操ることは、初心者が最も苦手なスキルではないでしょうか。

浮力コントロールとは

ダイビングをするとき、浮力コントロールをするために、BCDウエイトという2種類の器材に加え、自分の呼吸(肺)を使います。

浮力をうまくコントロールするためには、どうすれば良いのでしょうか。

浮力は3種類ある

浮く状態はプラス浮力

沈む状態はマイナス浮力

浮きも沈みもしない状態は中性浮力

ダイビングでは、この中性浮力をうまくつくることが、とてもとても重要になります。

水中で、このニュートラルな状態になりたいのです!

海底で微動だにしないダイバー

ちなみにわたしは、中性浮力をつくることが大の苦手です。偶然できる瞬間がありますが、持続しません。

浮力コントロールをするための3つのアイテム

うまく浮力コントロールをし、中性浮力をマスターすることが今後の課題でもあります。

BCD

水面に浮かぶカラフルな浮き輪

通称:BCといいます、浮力調節具です。

見た目はライフジャケットのような、チョッキスタイルです。

BCには、給気ボタンと排気ボタンと排気ホースが一体となったものが付いています。

操作は、いたってシンプルで、BCに空気を入れる(給気)と浮き、空気を抜く(排気)と沈みます。(着る浮き輪、のイメージです。)

浮力を調節し、自由自在に浮いたり(プラス浮力)、沈んだり(マイナス浮力)して、中性浮力をつくることができます。

操作はシンプルなのに、ボタンを押すタイミングが、初心者にとっては結構難しいのです。

呼吸(肺)

 

自分の肺を使います。(体内の浮き袋、のイメージです。)

空気を吸い、肺に空気を溜めると浮き、空気を吐き、肺の空気を出し切ると沈みます。

動作にはタイムラグがあり、空気を肺に溜めた瞬間、浮くわけではありません。(逆もまた然りです。)

この、タイムラグに、いつも翻弄されてしまうのです。

『あっ』と思った時既に遅しです。もう制御不能です。

適正ウエイト(おもり)

プラス浮力(浮く)を相殺するための鉛のウエイトを装着します。

変身ベルトのように、腰に巻きます。(鉛なので、誤って足の上に落とすと怪我をするので気をつけましょう。)

自分に合った適正ウエイトを装着することが重要です。

わたしのように浮きがちな(うまく潜れない)初心者は、適正よりも少し重い目にウエイトをつけたくなるのですが(オーバーウエイトといいます。)、それは、BCや呼吸で浮力コントロールをしているのではなく、単に重みで沈んでいることになるのでNGです。

あくまでも、適正ウエイトとBCと呼吸(肺)を使い、浮力コントロールすることにこだわります!

そして、中性浮力をいつでもつくれるスキルを身につけることが目標です。

また、水中で身体を保温するためのウエットスーツも浮力になります。

タンク(水中で呼吸するための呼吸ガスが入っている器材)には、アルミ製(軽い)とスチール製(重い)があります。

適正ウエイトは、ウエットスーツの厚みや、タンクの種類(アルミ製かスチール製か)によって調整します。

そういえば、『今日は、どちらのタンクにしますか?』・・・とは、聞かれたことがありません!

もしかして選べないのかな?(機会があれば聞いてみたいと思います。)

過去のダイビングを振り返ってみても、タンクは全てスチール製(重い方)でした。

でも、スチール製は重いのですが、その分ウエイトが軽く済むので、それを好むダイバーも多いようです。

そして、適正ウエイトが重要な理由は、水中での浮力コントロールを最小限にするためです。

もし、自分に合っていないウエイトでダイビングをすると、必要以上にBCへの給気・排気の操作回数が増え、バランスも取り辛くなり、無駄な体力を消耗することになってしまいます。

エコな泳ぎができなくなるのです。

ダイビング中の姿勢(目線)

ダイビング中、インストラクターだけが頼りです。(初心者あるある)

常にインストラクターに注目し、何か指示があれば見落とさないように、目で追っています。

そうすると、目線が前になり、だんだん上体が起きた姿勢になり、浮き易くなります(膝が曲がって、歩いているようになります。)

少し頭を下げるイメージで、脚は真っ直ぐ伸ばし、水平姿勢で泳ぐことがポイントです。

苦手な浮力コントロールがうまくできるようになるには?まとめ

浮力コントロールのどこが苦手で、何ができていないかを、自分で分かっておく必要があります。

わたしの場合は、浮力コントロールをすることに、そもそも苦手意識がありました。

ですが、苦手なりに試してみたことがあります。

それは、水中ではBCを使わず、呼吸(肺)のみで浮力コントロールをする方法です。

そうすると、浮いたり沈んだりバタバタせず、割と安定していました。

やはり、バタつく原因は、BCを操作するとき、わずかですが姿勢が崩れるからだと思います。(自己分析)

BCと呼吸(肺)と、並行で使えるのがベストなのですが、慣れるまでは、どちらか主体でも、浮力コントロールができていれば問題ないと思います。

BCの操作も、最初は給気・排気のタイミングがよくわからなかったとしても、使っているうちに自然とわかってくるようになるはずです。

BCも呼吸(肺)も、操作後タイムラグがありますが、BCの方が反応が早いです。

その特徴を知ったうえで、浮力コントロールをしてみましょう。

瞬時に、どちらを使うか判断できるようになりたいですね!