平成最後のG1ジャパンC、アーモンドアイはやっぱり強かった!

日本の国旗の背景に日本列島の絵




平成最後のジャパンC

第38回ジャパンC(G1・芝2400メートル)

11月25日東京競馬場11R

一番人気のアーモンドアイが優勝しました。

サラブレッド
1着は賞金3億円なんです

直前の順位予想は、アーモンドアイは1位でオッズも1.5でした。

騎手:クリストフ・パトリス・ルメール

名前の由来

アーモンドアイの名前の由来は、目の形からきていて、いわゆる美人さんなんですね。

血統

父:ロードカナロア

母:フサイチパンドラ→母父サンデーサイレンス

勝ちタイムは2分20秒6(レコード)、これまでのレコードを13年ぶりに1秒5も更新しました。

古馬も入り混じる中、驚異的な速さを見せつけたアーモンドアイですが、

「この馬はどこまで強いんでしょうか!?」という解説者の言葉は、アーモンドアイの強さを物語っていました。

一番人気であっても、レースは終わるまでどうなるかわかりません、観ていて力が入るレースでした。

サラブレッドはガラスの脚

馬主も調教師も騎手も、レースに勝つことも勿論大切ではありますが、それよりも故障することなく無事レースを終えられることを一番に願っています。

走るために生まれたサラブレッドたちは、調教中やレース中の故障(主に脚部等の骨折)が発生すると、予後不良の措置が取られてしまいます。

予後不良とは、故障によって回復の見込みが無いと診断された場合、安楽死の措置を取らざるを得ない状況のことです。

たとえレースに勝てなかったとしても、無事にレースを終えてくれただけでも、関係者は安堵するのではないでしょうか。大切に育てたサラブレッドたちなのですから。

馬主の芸能人

2017年ジャパンCで惜しくも3着だったキタサンブラック(牡馬)といえば、サブちゃんこと北島三郎さんが馬主でしたね(登記上の代表は長男の大野竜さんです。)

引退後のキタサンブラックは、北海道の社台スタリオンステーションで種牡馬としての生活を送っています。将来、キタサンブラックの子供達がレースに出る日が来るのが楽しみですね。

サブちゃん以外にも、馬主の芸能人はたくさんいらっしゃいます。

音楽プロデューサー秋元康さん、志村けんさん、和田アキ子さん、大魔神佐々木主浩さん、前川清さん・・・その他大勢です。

どうやったら馬主になれる?

審査期間が厳重な審査を行って承認を経て馬主となることができます。馬主の種類は3種類です。

☑️個人馬主登録

☑️組合馬主登録

☑️法人馬主登録

要件の中、資金面を抜粋しますと以下の通りです。(中央競馬の馬主の場合)

☑️個人馬主登録の要件・・・所得金額が過去2年間1,700万円以上、保有資産7,500万円以上

☑️組合馬主登録の要件・・・組合員全員、所得金額が過去2年間900万円以上、組合財産として1,000万円以上の預貯金があること。

☑️法人馬主登録の要件・・・資本金または出資額が1,000万円以上、所得金額が過去2年1,700万円以上であること

サラブレッド
誰でも馬主になれる訳では・・・な・・い・・かもね。
セレブちゃん
地方競馬の組合馬主だと、年間300万円以上あるなら馬主登録ができるみたいですよ

まとめ

今回は、武豊騎手が騎乗予定だったマカヒキが、天皇賞(秋)の疲れが取れないということで、回避したため、レースに出られなかったことが残念でしたね。

武豊騎手は、つい先日のレースでJRA通算4,000勝という前人未到の記録を達成されました。

2018年の残りのレースも楽しみですね。